魏志倭人伝の固有名詞の漢字
音の推移

orig : 97/09/14
rev1: 97/09/15 add掖,correct盧,add躬臣 備考,add P2
rev2: 98/04/25 add few more kanji
rev3: 98/05/10 介音iとIを区別
rev4: 99/06/03 下記
rev4: 2012/12/26 IPA font部分採用


魏志倭人伝の倭人の名前・官名・地名・国名と思われる固有名詞に使われている漢字の上古音・中古音・中世音・現代音を、藤堂明保編「漢和大字典」(学習研究社)、から抜書きしたリストを作り、眺めております。実際の用例はP2をご覧ください。

98/05/10変更内容:

99/06/03変更内容:
    介音のI、əとʌのフォントを小さくして少し見やすくしました。参考文字「平」の音を訂正しました。
2012/12/26:
    発音記号に一部IPAフォントを採用しました。
下表を便利に使いながらも、確実には上記字典を御参照下さい。

備考欄のコメントには

    (1)平凡社世界大百科事典「かな」の項にある「上古の表音文字一覧表」から対応する日本語音、
    (2)それが見当たらない場合に、小生が推定した音、を略記し、また、
    (3)「季刊・邪馬台国#59」(安本美典・上代特殊仮名遣いの正体は二重母音だ)を参考にしたものもあります。

上古音中古音中世音現代音備考
'han'hanhanhan.
ɦiag(ɦio)yioiuu ヨ乙・ɦはワ行音?
hlag(hlo) lo luluロ甲
ŋiag (yia)ziasie sie
ɦiuar ɦiueuəiuəiヰ・確かにワ行音に特有のɦで始まる
ɦuIat ɦIuʌtiue ueヲ。ɦはワ行音(安本)
ɦuagɦua hua hua ɦはワ行音
ɦuakɦuyek huo huəɦはワ行音
dar datata
dad dai tai tai
dəg dəit'ai t'ai うてな
t'əg t'əit'ai t'ai 三台星・三公・敬語
diəg yieii iわれ(代名詞)
dug dəut'əu t'əu 投=豆=頭
giergiik'itsi'iキ甲・老いる・老人
dhierziisiisiiたしなむ・致す
gIaggIo k'iots'uコ乙
mməg həi hai hai 中古音訂正97/09/20
hog hau hau hau .
haghohuhu卑彌呼はヒミホ?
・uar・uauo uə
・ag・o u u
・iet iet iəii .
・iet iet iəii .
IərIii i .
IəpIəpiəii .
keg kai kiaitsia.
kIkIkioŋ kuəŋ夢 mIuəŋ-mIuŋがムなることからクと推定可能
kIuərkIuəikuəi kuəi 貴(kIuəd-kIuəi)はキ乙∴これもキ乙と推定可能
kuagkokuku孤(kuag-ko)はコ甲∴これもコ甲
kag kokukuコ甲
kug kəukəukəu句(kug-kəu)はク∴これもク
lIarlIe lili.
lIedlIi lili
mag ma
(mba)
mama
mOg mau
(mbau)
mau mau モ甲
mer mei
(mbei)
miəi mi メ乙
miermie mimiミ甲
mag mo
(mbo)
mumuモ甲乙?孤の類推から甲か
mag mo
(mbo)
momoモ甲乙?孤の類推から甲か
muatmuat
(mbuat)
momo
muəg məu
(mbəu)
mumuモ乙
nar na
(nda)
nana
nan nan
(ndan)
nan nan
ŋIog ŋIəuniəu niəu .
ŋagŋo u u ゴ甲
nier... nie
(rie)
rIrr
nag no
(ndo)
nunuノ甲・ヌ
pag papapa
pak pak popo
piegpie pi...pəi ヒ甲
pIuətpIuətpupu
pIuəgpIəu fəufəu.
pIpIʌŋpiəŋpiəŋ平(bIaŋ-bIʌŋ)はヘ甲∴べ甲か
pak pʌkpai pai.
thiəŋ Iəŋ ∫iəŋəŋ .
thieŋIεŋ Iεŋ seŋ.
siegsie siisii
siatsiεt sie sie セ?
diadyiεi iəii.
sagsosusuソ甲
tar tatuo tuə
terteitiəiti「低」と同じ、とあるによる
tIegtIetsiitsii.
tagtotutu.
tsiag tsiatsietsie.
tsəg tsəi tsai tsai .
tuəd tuəi tuəi tuəi 梅muəiはメ乙∴テ(甲乙なし)か
kiegt∫Ie tsiitsiiキ甲
diakyiεkiəii .
diəg yieii i ヨ乙・イ
diuəryiuiuəiuəi.
dhiəgzIeisiisii
ghienzIent∫'Ients'ən 弁 bIan-bIεn がベ甲、これからゼ(甲乙なし)となるか
?ziisiisii 

こんな表を見ながら、ありゃ、「倭」と「華」の音が似てるな、なんて変なことを考えはじめています。面白いと思ったのは、上古音「d」が中古音「y」に変遷しているのが散見されますが、(関係ないとは思うものの)ツングース語の「d」が日本語の「y」に対応している、と比較言語学が提起していることです。参照:縄文語の「山」の項。

注意してチェックしたつもりですが、誤りなど発見されましたら是非ともご一報賜りたく、お願いします。


魏志倭人伝の漢字・用例
魏志倭人伝の漢字・彌馬獲支
泄謨觚と柄渠觚
卑弥呼は「ヒミホ?」
Homepage & 談話室への御案内
言語館の目次へ
歴史館の目次へ
メールのご案内へ
MIDIの目次へ